飲食業界が投資する価値のあるシステムとは

この画像には alt 属性が指定されていません

飲食業界を取り巻く状況は厳しい

こんにちは。営業の杉本です。
私は元々飲食店店長でしたので、今回はその経験を踏まえて、『リスクヘッジのための店舗Linkle活用』についてご紹介します。
今、飲食業界は今食材費高騰や人件費UPに新型コロナ禍の影響下…飲食業界の企業様は今まで以上に「FLコスト」の調整が大変な状況ではないでしょうか。

重要な管理事項をシステム化してリスクヘッジ

コミュニケーションシステムに今投資する必要があるのかと思われることも多いと思います。

コミュニケーションの効率化は業務のベースを整える上で重要ですが、
その上でより大事なのは、店舗の営業に影響が出る重要な管理事項をシステム化することで、漏れをなくすことです。

特に以下の①、②は他の業界にはない重要な管理事項になります。

①アレルギー食材の案内やマニュアル管理
②衛生点検

システム化することでお店が衛生点検を実施しているかどうか、その日中に確認できます。
チェックは汎用性がありますので、従業員の体調報告やロスの報告などにも活用いただけます。
新型コロナ対策で増えがちな店舗の報告を効率化し、店舗の負担軽減にもつながります 。

手作業で複数のチェック項目を店舗の数だけ管理するには限界がありますが、
1つのシステムで実施・管理を効率よくチェックすることで、様々なリスク回避が可能となります。

▼飲食業界の活用事例
https://hscproduct.com/tenpo/ad-foodservice/

お困りごとや個別カスタマイズ、操作体験もお気軽にご相談ください。

本部と店舗のコミュニケーションツール「店舗Linkle」の
資料をダウンロードしていただけます

製品カタログ

製品カタログ

無料ダウンロード
使い方事例集

使い方事例集

無料ダウンロード
ページ最上部へ